おすすめアーティストはこれだ!!!

おすすめアーティストを紹介するブログです。

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その18~amazarashi 泣ける歌詞 ランキング 前篇~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

 

突然ですが、現在の音楽シーンにおいて、これ程までに歌詞を見ながら曲を聴きたいアーティストがいるだろうか、、、

僕はこの「amazarashi」しか知らない。

 

と、ここまでは言い過ぎかもしれないですが、とにかくなまら歌詞が良いんです!

 

今回はそんなamazarashiの曲の中で、泣ける歌ベスト10を紹介しようと思います(^-^)

 

第10位

少年少女

「amazarashi 0.6」収録。

子どもの頃に思い描いていた未来の自分の姿と、現在の自分の姿と、僕なんかはもう全然違うわけで、幸せかそうじゃないかって事ではなくて。もっとこうキラキラした物に感じていたんだけど、実際はそうじゃなくてね。

~少しづつ諦める事ばかり上手になってた 我慢する事が 人のためになると思ってた 記憶の隅に積み重ねた 無謀な夢と悔し涙 押し殺したホントの気持ちが むなぐらに掴みかかる 「どうしてここにいるんだよ 今すぐ逃げ出せよ 望んだように生きられないなら 死んでんのと同じだ」~

 0.6

0.6


 

第9位

奇跡

「ワンルーム叙事詩」収録。

この世に生まれてきた事が奇跡だとしたら、笑おうが、泣こうが喚こうがどっちにしても奇跡だと、、、そんな風に思えたら、実はすごく前向きな事なんだなと。すごい。

~「こんな夜は消えてしまいたい」とよく思うけれど 今終わったら全部が無駄で 何か残したくて生きる~

 ワンルーム叙事詩

ワンルーム叙事詩


第8位

ジュブナイル

「ねえママ あなたの言うとおり」収録。

是非若い世代に聞いて欲しい1曲。僕も学生の頃にこの歌に出会っていたら、少しは違ったんだろうか、、、そんな事は全然ないぞ!ってね。

~そこから一歩も動かないのなら 君は「侮辱された人間」だ そこから一歩 歩き出せたら 君は「負けなかった人間」だ~

 ねえママ あなたの言うとおり

ねえママ あなたの言うとおり


第7位

パーフェクトライフ

「ねえママ あなたの言うとおり」収録。

僕はいま30歳になったんですが、今までの人生を振り返ってみて、誇れるものがどれだけあるかって言ったら、、、なんとも言えなくてね。

~出会いと別れにただ泣き笑い それだけの人生か でも それだけあったら失敗じゃない 僕らの人生は 完璧な人間にはなれないけど 完璧な人生~

奥さんとか子ども達と出会えて、日々笑って泣いて、人に誇れる、自慢できるものなんて何もないけど、それだけでも良いんだってこと。

 

パーフェクトライフ

パーフェクトライフ

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250

 

第6位

ナモナキヒト

「ラブソング」収録。

ボロボロになって、上手くいかなくて、それでも何とか頑張って。名もなき僕らの人生なんて誰かに褒められる事もないし、でも大丈夫。誰かがきっとどこかで見てるから、いつかどこかでそんな人に出会う事が出来るから。

~目の前の分かれ道の 選択に悩みこそすれど それを不正解と言ってしまう選択こそ 最も不正解なのだ~

 ラブソング

ラブソング


 以上

続きは次回!

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その17~Drop's~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 

今回は僕の地元札幌市出身のアーティストを紹介したいと思います♫

 

Drop's」(ドロップス)

北海道・札幌在住の女子5人組のブルースロックンロールバンド。2009年に同じ高校に入学した5人で結成。彼女たちは高校1年生のときに学内の軽音楽部で出会い、2年生になるとオリジナル楽曲を携えて地元のコンテストに出場し見事優勝を果たす。そして3年生の夏には早くもオリジナルミニアルバム「Drop's」を完成させた。2013年3月に2ndミニアルバム「LOOKING FOR」を発表したのち、7月にタワーレコード店舗限定シングル「太陽」でキングレコード内のロックレーベル「STANDING THERE, ROCKS」よりメジャーデビューを果たす。

骨太・激熱ブルースロックンロール!!

可愛い見た目からは想像つかない本格派ロックサウンドは、聞く人の心の真ん中をストレートに打ち抜いてくれる(^-^)

ブルース、ロックンロールをベースに、時にキャッチーなサウンド、時に激しく攻撃的なサウンドと幅広い。

何より、ギターボーカルの「中野ミホ」の唯一無二の存在感に誰もが圧倒される!!!

僕が最初に聞いたのは、

太陽

1st Album 「DAWN SIGNALS」収録。

ポップで親しみやすいメロディに、骨太なバンドサウンド、そしてボーカル「中野ミホ」のハスキーボイスが響く、力強いミディアムロックナンバー。

ラジオでこの曲が流れてきて、一瞬「え?」って、、、何これ格好良い!って、すぐさま検索。そしてら、可愛い女の子たちが革ジャン羽織って歌ってて、もう一目惚れ。いや、一聞き惚れ(^-^)

特に「中野ミホ」のハスキーボイスに衝撃を受けました。

DAWN SIGNALS

DAWN SIGNALS


 続いて、

コール・ミー

1st EP「コール・ミー」収録。

爽やかなメロディラインが印象的な、ストレートなロックンロールナンバー。

太陽」→「コール・ミー」を聞けば絶対ハマる!元々攻撃的で、激しいブルースロックが得意であった彼女たちであるが、そんな彼女たちがキャッチーメロディの歌を作るとこうなる。

めちゃくちゃ格好良い!!!

中野ミホ」のスリリングでパワフルな歌声が、僕の心をストレートに打ち抜いてくれました。

HELLO

HELLO


 最後は、

ハイウェイ・クラブ

3rdフルアルバム「WINDOW」収録。

 ゆったりとダークなイントロから始まり、彼女たちの得意とする攻撃的なロックサウンドで一気に叩きつけるハードナンバー。

とにかく格好良い!その一言!!!

WINDOW(DVD付)

WINDOW(DVD付)


アラサーおっさんのおすすめアーティスト その16~Brian the Sun~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

今回は、

Brian the Sun」(ブライアン ザ サン)

2007年、大阪で結成されたギター・ロック・バンド。“閃光ライオット2008”で準グランプリを獲得するも、直後に活動休止。2009年に活動を再開し、メンバーチェンジやパートチェンジを経て2011年4月より森良太(vo,g)、白山治輝(b,cho)、小川真司(g,cho)、田中駿汰(ds,cho)という編成に。2012年7月の1stシングル「sister」を皮切りに、2013年に初のフル・アルバム『NON SUGAR』を、2014年12月に2ndアルバム『Brian the Sun』を発表するなどコンスタントに作品を発表。全国へ名を広めている。

 

彼らの音楽を聞くともうね、「バンド」やりたくなる!

ドラムがいて、ベースがいて、ギターがいて、ボーカルがいる。ホントに単純なありふれた編成で、シンプルな音楽。でも、この「Brian the Sun」の音楽はインパクト抜群!!!

中にはベースだけめちゃくちゃ上手い!とか、ギターの人すごい!とか、バンドの中に飛びぬけた人がいて、それで持っているバンドがあるけど、彼らは4人ですごい!一人一人もすごく良いんだけど、それをバンドとして絶妙なバランスで演奏している。もう、とにかく格好良い(^-^)

僕が最初に聞いたのは、

ロックンロールポップギャング

ミニアルバム「彼女はゼロフィリア」収録。

疾走感がハンパない、気分爽快なキラーチューン。

ノリノリで爽快感がたまらない!!!

 「気に入らない事ばっかりだ。

 腑に落ちない事ばっかりだ。」

気付けば一緒に歌っていました(^-^)

彼女はゼロフィリア

彼女はゼロフィリア


 続いて、

彼女はゼロフィリア

 ミニアルバム「彼女はゼロフィリア」収録。

イントロの強烈なギターリフから始まり、突き抜ける爽快感のあるサビ、随所でグイグイ聞こえてくるベース、バンドサウンドが光るスタイリッシュなロックナンバー。

もうね、格好良すぎ!これだけは聞いて、良いから。

曲が終わる頃には、エアギターをやっているはず(^-^)


 最後は、

シュレディンガーの猫

 2nd Mini Album「シュレディンガーの猫」収録。

心地良いリズムの中に、緊張感が漂うスリリングなナンバー。

演奏と歌唱をほぼ補整せず音源化しているとの事で、音にうねり、残響が感じられ深みのある仕上がなっている。

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫


春にはメジャーデビューが決まっていて、今後の活動に注目!!!

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その15~Awesome City Club~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

 

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 

Awesome City Club」(オーサム シティ クラブ)

2013年春、それぞれ別のバンドで活動していた atagi、モリシー、マツザカタクミ、ユキエにより結成。2014年4月、サポートメンバーだった PORIN が正式加入して現在のメンバーとなる。「架空の街 Awesome City のサウンドトラック」をテーマに、テン年代シティ・ポップを RISOKYO から TOKYO に向けて発信する男女混成5人組。

「現代風シティポップ」

どことなく昔風な感じもありつつ、現代風なダンサンブルなノリ、ポップでキュートなメロディ。心地良いサウンドリズムに合わせて、気付けば踊りだしてしまう(^-^)

そして、彼らの音楽はとにかくオシャレ!!

 

僕が最初に聞いたのは、

Lullaby for TOKYO CITY 

2nd Album 「Awesome City Tracks 2」収録。

リアルな東京の姿を歌った、メロウなバラード。

とにかくオシャレ!

初めて聞いた時、若い彼らのセンスにゾクゾクしてきました。

ゆったりとしたリズムの中に、光るメロディライン。

MVの360 度動画も必見!

 

Lullaby for TOKYO CITY

Lullaby for TOKYO CITY

  • Awesome City Club
  • ロック
  • ¥250


 続いて、

涙の上海ナイト 

1st Album 「Awesome City Tracks」収録。

こちらは、グルーヴィーなサウンドが心地いい、今すぐ踊りだしたくなるダンサンブルなナンバー。

キラキラした雰囲気がとにかくオシャレ!

小籠包も踊りだす 君はいなせな上海ガール

 火力の違いを見せつけろ 無問題 it's alright!!

歌詞も楽しい(^-^)

 

涙の上海ナイト

涙の上海ナイト

  • Awesome City Club
  • ロック
  • ¥250


 最後は、

4月のマーチ 

1st Album 「Awesome City Tracks」収録。

 ポップでキュート!とにかく聞いていて心地良い、爽やかなナンバー。

 とにかく聞いてみて下さい。オシャレですから!!!

4月のマーチ

4月のマーチ

  • Awesome City Club
  • ロック
  • ¥250


アラサーおっさんのおすすめアーティスト その14~plenty~

 

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

 

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 

今回は、、、

plenty

茨城県出身の3ピースバンド。2009年10月に1stミニアルバム『拝啓。皆さま』でCDデビュー。

ボーカルの江沼郁弥のどこまでも透き通った歌声に誰もが吸い込まれる。そして、誰しもが抱えている心のモヤモヤ、核心を突く歌詞に引き込まれていく。

歌詞、曲、存在、それぞれが独特。
そしてどこまでも確信的であり革新のロックバンド。

 

僕が最初に出会ったのは、

東京

1st mini album「拝啓。皆さま」収録。

当時若干20歳であった彼らが、自身のそして現代の若者の心の葛藤やモヤモヤとした鬱憤を表現したスローテンポな一曲。

曲を聴いて衝撃を受けました。当時音楽雑誌「ロッキング・オン」で無名の彼らが大々的に取り上げられていて、聞いてみてびっくり。すぐにCDショップへ行って、「拝啓。皆さま」を購入してしまいました。

シンプルな曲の中で、江沼郁弥の透き通った、でも力強い歌声に感動。当時僕も若かったからね(^-^)

プラス思考 それが流行り 社会の役に立て そんな言葉背負って

 埃臭いバスに揺られ 気付かれないように溜息をついた

独特の歌詞の世界に必ず引き込まれるはず!

 

東京

東京

  • plenty
  • ロック
  • ¥200


 続いて、

人との距離のはかり方

 1st EP「人との距離のはかりかた/最近どうなの?/人間そっくり」収録。

シンプルなサウンドと優しいメロディが心地良い。少し前に踏み出す勇気をくれる。そんな一曲。

言葉にするだけ無駄かもな でも 言葉にしなくちゃダメだよな

人間関係色々あるからさ、僕もコミュニケーションが得意な人間じゃないからさ、この曲聞いてふっと気持ちが楽になりました。とにかく江沼郁弥の声が良い!!!

男でも惚れてしまう(^-^)

 

人との距離のはかりかた

人との距離のはかりかた

  • plenty
  • ロック
  • ¥200


 最後は、

空から降る一億の星

ミニアルバム「空から降る一億の星」収録。

愛と哀し歌った切なく壮大なミディアムナンバー。

一回聞いてみて、とにかく良いから!

美しいMVにも注目!!!

 

空から降る一億の星

空から降る一億の星

  • plenty
  • ロック
  • ¥250


拝啓。皆さま

拝啓。皆さま

1st EP「人との距離のはかりかた/最近どうなの?/人間そっくり」

1st EP「人との距離のはかりかた/最近どうなの?/人間そっくり」

空から降る一億の星

空から降る一億の星


アラサーおっさんのおすすめアーティスト その13~go!go!vanillas~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

 

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

今週は大雪が降って大変でした、、、でも、今日は比較的良い天気です(^-^)

さて、今回はそんな久しぶりの晴れの日に聞きたい!そんなアーティストを紹介♫

 

go!go!vanillas」(ゴーゴーバニラズ)

2013年に7インチ・シングル、アルバム『SHAKE』の発表を経て、翌年に〈スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR〉に抜擢され注目を浴びる。2014年11月にアルバム『Magic Number』でメジャー・デビューすると、直後のツアーも盛況に。2015年4月にメジャー1stシングル「バイリンガール」を発表。同年7月のメンバー脱退を受け、以降は牧達弥(vo,g)、長谷川プリティ敬祐(b)、ジェットセイヤ(ds)、柳沢進太郎(g)の4名で活動を継続。同年9月にメジャー2ndシングル「カウンターアクション」をリリース。

爽やかな疾走感・キャッチーなメロディ・かき鳴らすロックンロール!!!

彼らの曲を聴けば、今すぐ踊りだしたくなる!!

 

僕が最初に聞いたのは、

オリエント

メジャー1stアルバム「Magic Number」収録。

心地良いリズムに自然と心が踊りだす。前向きに生きていく様を歌った爽やかなナンバー。

とにかく、爽やかなロックンロール!イケメンだし。気付けば体がゆらゆら踊っていましたね(^-^)

サンシャイン 光った レインボー」の部分で僕は持っていかれました。

きっとハッピーエンド 子どもの頃読んだ絵本の続きさ

ぜひ、歌詞にも注目して聞いて欲しい。

オリエント

オリエント

  • go!go!vanillas
  • ロック
  • ¥250


 

 続いて、

エマ

メジャー1stアルバム「Magic Number」収録。

これぞgo!go!vanillas

イントロからもう踊りまくり。きっと誰もがハッピーになれるダンサンブルなナンバー。

 

エマ

エマ

  • go!go!vanillas
  • ロック
  • ¥250


 最後は、

スーパーワーカー

2016/2/10発売、メジャー2ndアルバム「K­ameleon Lights」収録。

強烈なギターリフに合わせて、心地良い疾走感のあるメロディックなナンバー。

go!go!vanillasのロックンロール感は健在。

 アルバムは要チェック!

 

アラサーおっさんのおすすめアーティスト 番外~amazarashi~ライブ感想

こんにちは!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

 

今回は

amazarashi

5th anniversary live tour 2016 「世界分岐二〇一六」

1/17 札幌公演の行ってきた感想を、ライブの興奮冷めやらぬうちに書いていきたいと思います。

まずは、セットリストから、、、

 

1.コンビニ傘(from ワンルーム叙情詩)

2.タクシードライバー(from 世界収束二一一六)

3.季節は次々死んでいく(from 季節は次々死んでいく)

4.ワンルーム叙事詩(from ワンルーム叙事詩

5.性善説(from ねぇママ あなたの言うとおり)

6.名前(from スピードと摩擦)

7.雨男(from 夕日信仰ヒガシズム)

8.夏を待っていました(from 爆弾の作り方)

9.ラブソング(from ラブソング)

10.スピードと摩擦(from スピードと摩擦)

11.エンディングテーマ(from 世界収束二一一六)

12.しらふ(.from 世界収束二一一六)

13.美しき思いで(from 千年幸福論)

14.収束(from 世界収束二一一六)

15.多数決(from 世界収束二一一六)

16.スターライト(from 夕日信仰ヒガシズム)

 

以上

比較的新しい曲が多かったです。ちなみに、2/24発売のニューアルバム「世界収束二一一六」からは5曲演奏していましたね。

 世界収束二一一六

世界収束二一一六


ここからは感想、、、

amazarashiのライブに行くのは今回が初めてで、ただただ号泣。

僕がamazarashiを初めて聞いたのが5年前で、「光、再考」を聞いてそれ以来もう全部CD集めて。最初にamazarashiがライブをやるって時は、え?あのamazarashiがライブやるの?ってね。当時メディアなんかにはほとんど出てなくて、まぁ今でも顔はわからないんだけども(^-^)それから何度もライブをやるようになっていって、でも僕は北海道に住んでいて中々行けなかったんですが、念願かなって初ライブ。

 

一曲目「コンビニ傘

紗幕に映し出される映像を見ながら、これが噂の~っとね。

そして、

「秋田ひろむ」めっちゃ歌うまい!

そしてこの曲の最後「青森から来ました、amazarashiです」って、そこでもう号泣。amazarashiがそこにいる~ってね。

二曲目「タクシードライバー

多分首都高?を走ってる映像に合わせて曲が進んでいって、サビの部分で感極まって号泣。一人でぐすんぐすん言っちゃって、もうおっさんがね、、、

3曲目「季節は次々死んでいく

行こうか 戻ろうか 悩みはするけど しばらくすれば 歩き出す背中

 そうだ行かねばならぬ 何はなくとも生きていくのだ

やっぱり、生で聞くといつもより胸に響きますね。とにかく、

「秋田ひろむ」めっちゃ歌うまい!

もう胸に刺さ刺さる。ぐいぐい来る。明日もなんとかがんばろうってね。

4曲目「ワンルーム叙事詩

イントロが始まって、きたぁ~って。この歌もう何回聞いたかわかりません。

雨にも負けて 風にも負けて 雪にも夏の暑さにも負けて

 それでも 人生ってやつには 負けるわけにはいかない

涙どば~って。もう最後の「焼け野原」の叫びにもう、感動。

5曲目「性善説

これはマリア様?の映像がずっと映し出されていて、それが印象的でした。

6曲目「名前

「君の名前はなんだっけ?」と、会場にいる観客に優しく語りかけるように歌いはじまって、歌詞に引き込まれて行きました。この緊張感もamazarashiのライブの魅力なんだなと思いましたね。

「誰だお前は」と言われたって お前が先に名乗れよ

ここでもう痺れました(^-^)

7曲目「雨男」

CDとは違う歌いだしで、「そういや いつかも~」からはじまります。

傘と雨粒の映像の中、優しい歌声に会場が包まれる。

友達の約束を守らなきゃ それだけが僕の死ねない理由

 本気で思ってしまった 笑ってよ 笑ってくれよ

ここで3度目の号泣。この歌ホントに大好きなんですわ。もうティッシュが足りない、、、

8曲目「夏を待っていました

これはMVの映像が流れてきました。生であのテルテル坊主を見れた事に少し感動。

9曲目「ラブソング

これもMVの映像と共に。うねるベースを生で聴けて鳥肌。

10曲目「スピードと摩擦

これもMVの映像と共に。

11曲目「エンディングテーマ

新曲。バラード調でしたかね。エンドロールの映像が流れてきて、もう終わりかなって一瞬思いましたが、歌詞の内容に合わせた映像でしたね。

とにかく良い曲。アルバムが楽しみです。

印象的だったのが、最後に「ありがとう」って、今まで出会った人への感謝の歌なのかな。

12曲目「しらふ

新曲です。

13曲目「美しき思い出

忘れたいこと 忘れたくないこと

心の中で一緒に歌っていました。噂には聞いていましたが、観客はみんな最後まで椅子に座ったまんまで、僕もそうでしたけど、聞き惚れるというか、圧倒されるというか。

14、15曲目「収束」「多数決」

この曲の前に初めてのMC「最近良く思うのは~」って。

生でしゃべっているのを聞いて本日4度目の号泣。

「人生って、毎日が選択の連続で、5年前から、10年前のアマチュア時代から色々選択してきて、その結果今このステージに立てています」

こんな感じだったかな。涙どばーでした。

で、「多数決」。多分この曲が新しいアルバムの中心になる曲の1つでしょうか。ヨクトのような感じかな。とにかくめちゃくちゃカッコいい。

ラスト「スターライト

映像と光の演出がとても美しかった。

もうこれで最後かぁと寂しくもあり、でも最後は泣きませんでした。

終わりがどこにあるかなんて 考えるのはもう止めた

 つまり 言い換えれば全部が 僕次第

 

アンコールがない事はリサーチ済み。終わってからも暫く余韻に浸って動けませんでした。とにかく初めてのamazarashiのライブは大満足。好きな歌も聞けて、新曲も聞けたしね。

「秋田ひろむ」めっちゃ歌うまい!

っというか、本当に心に響いてくるよね。

信じて今までずっとamazarashiの歌を聞いてきた事、間違いじゃなかった

 新しいアルバム楽しみにしています(*^_^*)

夕日信仰ヒガシズム(初回生産限定盤)(DVD付)

夕日信仰ヒガシズム(初回生産限定盤)(DVD付)

ラブソング

ラブソング

ワンルーム叙事詩

ワンルーム叙事詩

千年幸福論

千年幸福論