おすすめアーティストはこれだ!!!

おすすめアーティストを紹介するブログです。

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その16~Brian the Sun~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

今回は、

Brian the Sun」(ブライアン ザ サン)

2007年、大阪で結成されたギター・ロック・バンド。“閃光ライオット2008”で準グランプリを獲得するも、直後に活動休止。2009年に活動を再開し、メンバーチェンジやパートチェンジを経て2011年4月より森良太(vo,g)、白山治輝(b,cho)、小川真司(g,cho)、田中駿汰(ds,cho)という編成に。2012年7月の1stシングル「sister」を皮切りに、2013年に初のフル・アルバム『NON SUGAR』を、2014年12月に2ndアルバム『Brian the Sun』を発表するなどコンスタントに作品を発表。全国へ名を広めている。

 

彼らの音楽を聞くともうね、「バンド」やりたくなる!

ドラムがいて、ベースがいて、ギターがいて、ボーカルがいる。ホントに単純なありふれた編成で、シンプルな音楽。でも、この「Brian the Sun」の音楽はインパクト抜群!!!

中にはベースだけめちゃくちゃ上手い!とか、ギターの人すごい!とか、バンドの中に飛びぬけた人がいて、それで持っているバンドがあるけど、彼らは4人ですごい!一人一人もすごく良いんだけど、それをバンドとして絶妙なバランスで演奏している。もう、とにかく格好良い(^-^)

僕が最初に聞いたのは、

ロックンロールポップギャング

ミニアルバム「彼女はゼロフィリア」収録。

疾走感がハンパない、気分爽快なキラーチューン。

ノリノリで爽快感がたまらない!!!

 「気に入らない事ばっかりだ。

 腑に落ちない事ばっかりだ。」

気付けば一緒に歌っていました(^-^)

彼女はゼロフィリア

彼女はゼロフィリア


 続いて、

彼女はゼロフィリア

 ミニアルバム「彼女はゼロフィリア」収録。

イントロの強烈なギターリフから始まり、突き抜ける爽快感のあるサビ、随所でグイグイ聞こえてくるベース、バンドサウンドが光るスタイリッシュなロックナンバー。

もうね、格好良すぎ!これだけは聞いて、良いから。

曲が終わる頃には、エアギターをやっているはず(^-^)


 最後は、

シュレディンガーの猫

 2nd Mini Album「シュレディンガーの猫」収録。

心地良いリズムの中に、緊張感が漂うスリリングなナンバー。

演奏と歌唱をほぼ補整せず音源化しているとの事で、音にうねり、残響が感じられ深みのある仕上がなっている。

シュレディンガーの猫

シュレディンガーの猫


春にはメジャーデビューが決まっていて、今後の活動に注目!!!