転職の面接で絶対に聞かれる質問回答例+おすすめ資格!

転職での面接対策+転職での有利な資格勉強についてのブログです!

転職の面接で100%聞かれる質問【転職理由】への回答例・応酬話法 その④ 正当に評価されない

転職を行う際に絶対に聞かれる質問 「どうして転職しようと思ったんですか?」に対する、各動機別に対策・応酬話法について徹底解説いたします!

私は現在36歳のサラリーマンです。 私は今まで大学卒業後、建材系の商社で3年、建築資材メーカーで7年、食品メーカーで現在4年目というサラリーマン人生を送ってきました。

これまでに転職を2回経験し、実際に面接を行った企業は20社を超えます。 そんな私が面接の際に必ず100%最初に聞かれた質問

それは、、、

「どうして転職をしようと思ったんですか?」

です。

転職活動を始めた頃の私は上手く対処する事が出来ず、企業が満足する返答が中々出来ませんでした。 誰もが転職活動で最初にぶち当たる壁。

それが、、、

「どうして転職をしようと思ったんですか?」

です。

このブログでは、その100%最初に聞かれる質問「どうして転職をしようと思ったんですか?」に対する対策を、 各動機動別に徹底解説していきたいと思います!

転職理由その4

正当に評価されない

転職を考えるきっかけとして「正当に評価されない」は結構多いのではないでしょうか。

同期が自分よりも早く出世していく、、、

年齢が経つにつれ、自分よりも下の年齢の同僚が出世していく、、、

あいつは社内営業が上手いだけだろうに、、、

自分だって結果を出しているのに、何であいつだけ、、、

頑張っている自分を正当に評価して欲しい。上司に媚売ってるだけのあいつだけ出世するなんておかしい。

そう思っている人は多いと思うし、是非転職活動を通して、他の企業を見ることで今の自分を客観的に見てみるのも良いと思います。

実際に自分が仕事で手を抜いていたり、相手の努力や成果を素晴らしいと感じていれば、そこから転職まで思い至ることはないかと思いますが、「転職を考える理由」になるまでだと、結構根が深いのではないでしょうか。

正当に評価している会社の方が、実はすごく多いし、そう言った環境でこそ存分に自分の力を発揮しようと思うのではないでしょうか。

ただし、面接で絶対に聞かれる「どうして転職をしようと思ったんですか?」に対して、

「自分はとても頑張って仕事をしているのですが、会社からの評価が低くて、、、」

「手を抜いている人が、上司に気に入られてるだけで昇格していくのが嫌で、、、」

と、本音で面接官に伝えてしまうと、どうしてもネガティブに感じられてしまいます。

なぜかというと、面接官は初めて会うので相手の内情なんて全く知りません。

ですので、頑張ってるって言うけど、その頑張りが足りないんでは? 実際に会社から評価されていないのだから、何か本人に問題があるのでは? と、感じてしまうからです。

本音で正直に伝えてしまうと愚痴のようになってしまうこの「正当に評価されない」は、きちんと対策をたてて対応しなければ、面接では必ず失敗してしまいます。

また、受ける会社選びも慎重に行わないと、入社してから前の会社となんら変わらないじゃないか!となる可能性も高いのです。

面接の対処法に関しては、これから解説していきますが、是非会社選びについては転職サイト等に登録をして、エージェントの方とよく相談し受ける会社を決めることをお勧めします。

回答例

自らネガティブ からの超絶ポジティブ

転職における面接の必勝法は「いかにポジティブな印象を与えることが出来るか」です。

他の動機と比べて、本音で話すとよりネガティブな印象を与えてしまいやすいこの「正当な評価をされない」では一旦自らネガティブよりな話をしてから、ポジティブな話をするようにします。 話のふり幅を意識し、ネガティブな話から入ることで、その後の話でよりポジティブな印象を与えていきましょう

具体的には

「今の会社では評価制度が曖昧で、自分としては過程や結果等色々な視点で評価を頂ける企業で、常に高い意識で仕事をしていきたいと考えるようになり、転職を考えました」

で、行きましょう。

「正当に評価されない」を「評価制度が曖昧」と表現し、ネガティブはサラッと流れるように一言で。そして、転職先の会社では、常にやる気満々で仕事に打ち込みたいという気持ちを伝えましょう。

注意が必要なのは、面接を受ける会社が正当な評価をしている会社じゃないといけません。ですので、上でも触れましたが、転職エージェントと良く相談してから会社選びを行いましょう。

応酬話法

この答え方で想定される質問は一つです。

  • 「評価制度が曖昧とは、どのような感じなのでしょうか?」

「はい、会社全体の業績によって、全員が同じような評価となり、あまり個人としての評価がされていないように感じています。」

で、行きましょう。

ここで、重要なのは、「自分だけ頑張っているのに評価されていないのが不満」感を出さずに行きましょう。

まとめ

  • 自らネガティブからの超絶ポジティブ

  • 「自分だけ頑張っているのに評価されていないのが不満」感を出さない。

転職エージェントから自分にあった企業を紹介して貰おう!

転職エージェントから企業を紹介してもらうメリット

  • サイトには載せていない優良企業を紹介して貰える

私自身もそうでしたが、エージェントと相談する中で、サイト非掲載の優良企業の求人を紹介して貰う事が出来ました。数ある求人の中から 自分に合った企業を紹介して貰えるので、安心して転職活動する事かま出来ました。

  • 親身にサポートしてくれる

特に働きながら転職活動していると、誰にも打ち明けられずに孤独でしなければならない人も多いと思います。そんな中、悩みを聞いて貰えたり、履歴書・職務経歴書等の、書類添削や、面接対策までサポートして貰えます。また、企業とのスケジュール調整まで行って貰えたりと、転職成功まで寄り添って貰えるのがとても心強いです。

  • 客観的に判断してもらえる

エージェントに客観的に判断して貰う事で自分でも分からなかった長所や強み等を知ることが出来て自分に自信を持って転職活動することが出来るようになります。また、企業選びも第三者的視点で、自分に合っているか等アドバイスが貰えますので、入社後のこんなはずじゃなかった。という事は1人で活動するよりもリスクは少なくなります。

個人的におすすめなサイトを下に貼っておきますので、是非参考にしてみて下さい。