転職の面接で絶対に聞かれる質問回答例+おすすめ資格!

転職での面接対策+転職での有利な資格勉強についてのブログです!

転職の面接で100%聞かれる質問【転職理由】への回答例・応酬話法 その⑤ 会社の将来が不安

転職を行う際に絶対に聞かれる質問 「どうして転職しようと思ったんですか?」に対する、各動機別に対策・応酬話法について徹底解説いたします!

私は現在36歳のサラリーマンです。 私は今まで大学卒業後、建材系の商社で3年、建築資材メーカーで7年、食品メーカーで現在4年目というサラリーマン人生を送ってきました。

これまでに転職を2回経験し、実際に面接を行った企業は20社を超えます。 そんな私が面接の際に必ず100%最初に聞かれた質問

それは、、、

「どうして転職をしようと思ったんですか?」

です。

転職活動を始めた頃の私は上手く対処する事が出来ず、企業が満足する返答が中々出来ませんでした。 誰もが転職活動で最初にぶち当たる壁。

それが、、、

「どうして転職をしようと思ったんですか?」

です。

このブログでは、その100%最初に聞かれる質問「どうして転職をしようと思ったんですか?」に対する対策を、 各動機動別に徹底解説していきたいと思います!

転職理由その5

会社の将来が不安だ

転職を考えるきっかけとして、「今の会社の将来性に不安を感じたから」という人は少なくないと思います。

  • 会社の業績が悪くて、、、
  • 事業の方向性が不安で、、、
  • 社長が二代目に代わって今後大丈夫かな、、、
  • 社風が最近あやしくなってきているな、、、

等、どんな理由であれ勤めている会社の将来に不安を感じることはあると思います。 会社員である以上会社に雇用してもらっているから、会社の言う事は絶対に聞かなければいけない。という考え方は今の時代ではナンセンスであると思います。 働く側も自身が働く会社の将来性を見定め、選んでいくことは当然のことだと思います。

この「会社の将来が不安だ」は、転職時の面接で必ず聞かれる「どうして転職をしようと思ったんですか?」に対して、

「会社の業績がここ数年悪く、将来的に不安を感じております。」

「事業がここ数年多方面に拡大しすぎており、不安を感じております」

等、本音で話してもねネガティブな感じはありません。

「不安を感じる」事は誰しも考えうることで、その不安を払拭する為の選択肢の一つが転職という理由は全然ネガティブではありません。

しかし、不安を感じる理由が会社の悪口や、愚痴にならないように気をつけましょう。

不安を感じて行動に移せているという点で、受け身な人間ではなく、行動的な人間であるという印象を与える事が出来たり、会話の流れによっては、面接を受ける会社の志望動機にも繋げる事が出来たり、とその後の面接内容にプラスになってくる「会話の種まき」をすることが出来ます。

ですので、「会社の将来が不安だ」という動機の場合は、悪口にならないように気をつけ、あとはポジティブ一辺倒で行きましょう。

回答例

不安をポジティブに

「会社の将来に不安を感じる」事は、決して悲観的な事ではありません。不安を感じたがゆえに、自ら転職活動を行い、前向きに現状を打破しようとしている訳ですので、その点をアピール出来るようにしていきましょう。

具体的には、

「ここ最近会社方針で利益よりも売り上げに走っており、将来性に不安を感じております。自分としては安心して長く勤めていきたいと考えておりますので、転職も一つの選択肢として考えております」

で行きましょう。

不安を感じる理由については、「会社方針で利益よりも売上げに走っており」という事で、面接官もその会社の経営的な内容まで突っ込んで聞いてくる可能性は低いので、ある程度大胆に言ってしまってもかまいません。そして、「長く勤めていきたい」という事で、採用する側としてはその人に長く勤めて欲しいと思うのは当然なので、非常にポジティブな印象を与える事ができます。

応酬話法

この答え方で想定される質問として、

  • 「私どもの会社では不安なく働く事が出来るとお考えですか?」

「はい、御社は業界内でも信頼度が高く、安心して、また、自身を持って働く事が出来るのではないかと感じています」

で行きましょう。

「業界内での信頼度が高く」の部分はその企業の強み・特徴を入れることで、相手の企業を調べていますよ。という印象を面接官に与える事が出来て、なおかつ志望動機にも繋がっていきますので、今後の展開にも広げていくことが出来ます。

ここで重要になってくるのは、企業の選定です。「安心して長く勤める事が出来る会社」を自分だけで見つける事はなかなか難しいからです。

ですので、無料の転職サイト等に登録し、転職エージェントの方と相談して自分に合った企業を探して行きましょう。エージェント達は様々な情報を持っており、例えば平均勤続年数や、企業の業績面での第三者的意見、企業の強み・特徴等自分では知りえない企業情報を持っていますので、是非転職エージェントと相談して、企業選びを進めていきましょう。

他にも

  • 「不安を感じる事ではないんじゃないですか?」

➔「はい、確かに不安を感じるには小さい理由かもしれませんが、自分としてはより将来に自身を持って前向きに仕事をしたいと考え、転職も一つの選択肢だと考えております」

で行きましょう。

転職活動は現状から逃げるのではなく、自分自身の前向きな行動という事を相手に伝えましょう。

まとめ

  • 不安をポジティブに

  • 転職理由から志望動機に繋げていきましょう

転職エージェントから自分にあった企業を紹介して貰おう!

転職エージェントから企業を紹介してもらうメリット

  • サイトには載せていない優良企業を紹介して貰える

私自身もそうでしたが、エージェントと相談する中で、サイト非掲載の優良企業の求人を紹介して貰う事が出来ました。数ある求人の中から 自分に合った企業を紹介して貰えるので、安心して転職活動する事かま出来ました。

  • 親身にサポートしてくれる

特に働きながら転職活動していると、誰にも打ち明けられずに孤独でしなければならない人も多いと思います。そんな中、悩みを聞いて貰えたり、履歴書・職務経歴書等の、書類添削や、面接対策までサポートして貰えます。また、企業とのスケジュール調整まで行って貰えたりと、転職成功まで寄り添って貰えるのがとても心強いです。

  • 客観的に判断してもらえる

エージェントに客観的に判断して貰う事で自分でも分からなかった長所や強み等を知ることが出来て自分に自信を持って転職活動することが出来るようになります。また、企業選びも第三者的視点で、自分に合っているか等アドバイスが貰えますので、入社後のこんなはずじゃなかった。という事は1人で活動するよりもリスクは少なくなります。

個人的におすすめなサイトを下に貼っておきますので、是非参考にしてみて下さい。