おすすめアーティストはこれだ!!!

おすすめアーティストを紹介するブログです。

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その25~cero~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 

本日、快晴。札幌は少しづつ暖かくなって、春ももうすぐそこまで来てるなぁ、とそんな気分です。

さて、今日はそんな日におしゃれなカフェで聞きたいアーティストシリーズ!

紹介するのは、、、

cero

2004年結成。バンド名は“Contemporary Exotica Rock Orchestra”の省略形。当初4名だったが、2011年に高城晶平(vo,b,g)、橋本翼(g,cl,cho)、荒内佑(key,b,cho)の3名に。さまざまなな感情や情景を広く“エキゾチカ”と捉えてポップへと昇華させるサウンドが特色。2007年に鈴木慶一の耳にとまり、鈴木作品などに参加したのち、2011年に初の流通音源『WORLD RECORD』を発表。2015年5月、前作『My Lost City』以来約2年半ぶりとなる3rdアルバム『Obscure Ride』をリリース。

シティポップなるジャンルが流行ってきている。そんな中で一際輝きを放っている彼ら、色々な音楽のジャンル・楽器を取り入れて、それをポップに昇華するその幅広い音楽性が魅力。

なにより、浮遊感漂う曲全体の雰囲気が絶妙におしゃれ(^u^)

僕が最初に聞いたのは、、、

Orphans

3rdアルバム『Obscure Ride』収録。

フルートの音色が心地良い、グルービーなナンバー。

去年ラジオからこの曲が流れてきて、おおぅってなりました。ゆったりとした雰囲気の中にフルートの音。超おしゃれ!カフェの店員さんがいましたら是非この曲を流して下さい!

 

 

 

 

Obscure Ride 【通常盤】

Obscure Ride 【通常盤】

 

 

 

 

 

 続いて、

大停電の夜に

1stアルバム、「world record」収録。

浮遊感漂う、優しいミディアムナンバー。

 この、どことなくふわふわ漂う雰囲気、優しいメロディ、懐かしい感じがあり、また新しくもある。おしゃれ。その一言。

この中にカフェの店員さんがいましたら、是非この曲を流して下さい!!

 

 

 

 

WORLD RECORD

WORLD RECORD

 

 

 

 

 

 最後は、、、

Summer Soul

 3rd アルバム 『Obscure Ride 』収録。

リズム・テンポが最高に心地良い、ソウルフルなナンバー。

とにかく、このノリの良さよ。堪らない!最後のシャウトもきまってます(^-^)

この曲が収録されているアルバム『Obscure Ride 』は本当におすすめ!

誰かこの中にカフェの店員さんはいませんかー!!!

 

 聞いてみて、良いから(^u^)

 

 

街の報せ

街の報せ

 

 


 

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その24~My Hair is Bad ~

 

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 

今回は、

My Hair is Bad 

新潟県上越市出身。メンバーは椎木知仁(g,vo)、山本大樹(b,cho)、山田淳(ds)の3名。地元のライヴハウスを中心に活動を重ね、2013年2月にミニ・アルバム『昨日になりたくて』でデビュー。若者の日常を綴った赤裸々な歌詞を乗せたギター・ロック・サウンドが高く評価される。同年のフジロック出演、2014年の1stフル・アルバム『narimi』と着実にキャリアを重ね、認知度を高める。椎木は弾き語りでのソロ活動も展開。2015年7月に2ndシングル「一目惚れ e.p.」をリリース。

最近僕の中でヘビーローテーションと言えば、この「My Hair is Bad 」。

ギター、ベース、ドラムの3ピースでシンプルなサウンドなんだけど、ド直球全力ストレートで聴き手の心にグイグイ突き刺さる。とにかく、シンプルで真っ直ぐ!!聞いていてすがすがしい気持ちになります(^-^)

 

僕が最初に聞いたのは、

ドラマみたいだ 

1st Full Album『narimi』収録。

シンプルで、熱い。これぞ3ピースギターロックの真骨頂。

とにかく、熱い!激熱!聞いた瞬間から、グイグイ引き込まれること。

ギター、ベース、ドラムの3人の音がもう息ぴったり。聞いてて心地良いんです。それに加えて、ボーカル椎木知仁の熱唱。もう胸熱。

何かに気付けなくて 何かを傷つけてる それだけなんだ

君達何歳?と。僕は30歳になりましたけど、いやーホントにその通り、わかるーって思っちゃったよ。

 

narimi

narimi


 続いて、

「優しさの行方」

1st Full Album『narimi』収録。

 メロディが心地良い、ミディアムロックナンバー。

シンプルなロックサウンドだからこそ、歌詞にグイグイ引き込まれる。そして、何度も聞きたくなる。

本当に真っ直ぐに心に突き刺さる。

本当のことなんか 聞きたくないんだ 作り笑いが作る 幸せだってあんだろう

 

 最後は、、、

真赤

2nd single『一目惚れ e.p.』収録。

 溢れる疾走感、切ない歌詞が心に刺さるエモーショナルなロックキラーチューン。

まず歌いだし、ブラジャーのホックを外す、、、や曖昧な誓い、会いたいが痛い

とかね、もうリリックのセンスが素晴らしい!

そして、曲自体のノリの良さ、毎日ヘッドフォンで爆音で聞いてます(^-^)

 

一目惚れ e.p.

一目惚れ e.p.


 聞いてみて、良いから(*^。^*)

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その23~きのこ帝国~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 

今回は、

きのこ帝国

2007年結成。メンバーは佐藤千亜妃(vo,g)、あーちゃん(g)、谷口滋昭(b)、西村“コン”(ds)の4名。ポスト・ロックシューゲイザーに影響を受けたサウンドが特色。2008年より本格的にライヴ活動を開始し、透明雑誌のジャパンツアーなどに参加して知名度を上げる。2012年5月のデビュー・アルバム『渦になる』がラジオ局のパワープレイを獲得して注目を浴び、大型フェスなどの出演で反響を呼ぶ。2枚のフル・アルバムを経て、2015年4月にシングル「桜が咲く前に」でメジャーへ進出。

可愛いバンド名からは想像がつかない轟音をかき鳴らす、憂鬱感漂うオルタナティブロック。ボーカルの佐藤千亜紀の透明感がありつつ力強い歌声が心地良い。

僕が最初に聞いたのは、

東京

2rdフルアルバム「フェイクワールドワンダーランド」収録。

切ない気持をただただストレートに力強く歌ったロックキラーチューン。

「東京」と名がつく曲、また東京を歌った曲には名曲が多い。

くるりの「東京」、Plentyの「東京」、銀杏BOYZの「東京」、フジファブリックの「茜色の夕日」も入れときましょうか、とにかく良い曲が多い。

このきのこ帝国の「東京」も最初聞いた時は衝撃。バリッバリの轟音にボーカル佐藤千亜紀の透き通った声、か・ら・の とうきょ~う!!!に。もう、一気に惹かれちゃいましたね(^-^)

「日々あなたの帰りを待つ  ただそれだけでいいと思えた  赤から青に変わる頃に  あなたに出逢えた  この街の名は、東京 」

フェイクワールドワンダーランド

フェイクワールドワンダーランド


 続いて、

海と花束

1st EP『ロンググッドバイ』収録。

 心地良いキレのあるメロディがリズミカルに疾走する、ギターロックナンバー。

これぞ、きのこ帝国。彼らの代表曲だと思う。まずはこれを聞けってね。

力強いリズムに、突き抜ける透明感を放つボーカル、そしてキレのあるメロディ。何回も何回も繰り返し聞いてしまう。一度聴いたら抜け出せないね(^-^)

ロンググッドバイ

ロンググッドバイ


 最後は、

猫とアレルギー

メジャー1stアルバム「猫とアレルギー」収録。

 透明感際立つミディアムロックナンバー。

落ち着いた曲調ではあるが、心地良いグルーブ感はやはり秀逸。是非最後まで聞いて欲しい。 

猫とアレルギー

猫とアレルギー


 聞いてみて、良いから(^v^)

 

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その22~空想委員会~

 

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 今回紹介するのは、

空想委員会

2008年、青森から上京した三浦隆一(vo/g)を中心に結成。2010年より三浦、岡田典之(b)、佐々木直也(g)の3名で活動開始。2枚の自主制作盤回顧録』『懺悔録』を発表。2011年12月、1stミニ・アルバム『恋愛下手の作り方』でインディ・デビュー。2014年6月、アルバム『種の起源』でメジャーへ進出。

シャツにネクタイの出で立ちで、高い演奏力でキャッチーなメロディを奏でる、本格派ギターロックバンド。独自の歌詞の世界観が魅力的で、男子ならすぐに共感できるはず(^-^)

僕が最初に聞いたのは、

完全犯罪彼女

1st single「完全犯罪彼女」収録。

印象的なイントロから始まり、突き抜けるキャッチーなサビのメロディ、ミステリアスな女性に惹かれる男の気持ちを歌ったロックナンバー。

当時この曲のサビの破壊力にヘビーローテーションで聞いてました。なんと言うか、耳に残ってまたすぐ聞きたくなる中毒性にハマってしまいましたね(^-^)

歌詞も、そんな体験したことないけど、何かわかるー、切ないーって気持ちになります。委員長さすがっす!

 「君がしたことを  俺 黙っていれば  真相は永久に闇の中  例え共犯だと言われたって構わない  二人だけの秘密が欲しい 

完全犯罪彼女

完全犯罪彼女



 続いて、

純愛、故に性悪説

メジャー 1st Single 「純愛、故に性悪説」収録。

彼女に振られた男の気持ちを歌った等身大の失恋ソング!?

是非歌詞を見ながら聞いて欲しい一曲。もうね、男の素直な気持ちをストレートに表現している(^-^)

冷め切ったその目線思い出す度願う 何回も何回も祈るよ 君よ不幸せであれ

でも、曲の雰囲気は本当に格好良いギターロックで、真面目で格好良いサウンドと歌詞のギャップがたまらない!!!委員長さすがっす!

 純愛、故に性悪説

純愛、故に性悪説


 最後は、

春恋、覚醒

 2ndフルアルバム「ダウトの行進」収録。

 男の淡い恋心を歌った、超絶クールなロックナンバー。

簡単に言ったら、毎朝同じ電車で見かける女の子に恋をした男の歌。

でも、、、わかる。この気持ち確かに、、、わかる(^-^)

ただ、バンドサウンドは今までよりさらに洗練され、超絶クール。

委員長、さすがっす。

 ダウトの行進【豪華な通常盤】

ダウトの行進【豪華な通常盤】


 聞いてみて、良いから(^u^)

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その21~夜の本気ダンス~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 

今回紹介するのは

夜の本気ダンス

2008年結成、京都発のダンス・ロック・バンド。メンバーは米田貴紀(vo,g)、町田建人(g)、マイケル(b)、鈴鹿秋斗(ds)の4名。2014年にデビューし、同年3月に初のミニ・アルバム『DANCE STEP』を発表。“踊れて泣ける100%のダンス・ロック”を武器に支持を獲得し、人気も全国区へ。2014年11月に初のフル・アルバム『DANCE TIME』を発表。2016年3月にアルバム『DANCEABLE』でメジャー・デビュー。

夜の、、、本気、、、ダンス?

安心して下さい、ちゃんとしたバンドですよ!!!

まずバンド名のインパクトから驚く。そしてなんといってもノリの良いダンサンブルなロックサウンドに驚く。名前通り本気で踊れる(^-^)

名前だけじゃなく実力も申し分ない。

 

僕が最初に聞いたのは、

WHERE?

1st ALBUM 「DANCE TIME」収録。

ハイテンションなイントロから始まり、そのまま一気に駆け抜ける、彼らの名刺代わりの一曲。

気付けば僕も首振って体揺らしてました(^-^)気分爽快な気分になれる一曲です。

 DANCE TIME

DANCE TIME


 続いて、

B!TCH

デビューミニアルバム「DANCE STEP」収録。

グルーブ感が心地良いダンスナンバー。

踊れるノリの良さはもう言う事なし!さらに、ベースラインがもう聞いていいて気持ち良い。演奏の質も高いという事をこの曲で証明しています。

DANCE STEP

DANCE STEP


 最後は、

 「Crazy Dancer」 

2016年3月9日リリース、メジャー1stアルバム「DANCEABLE」収録。

 強烈なギターリフから始まる、クールでかつダンサンブルな最新ロックナンバー。

めちゃくちゃクールですやん! もうアルバムが楽しみ!


 

 聞いてみて、良いから(^-^)

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その20~SHE'S~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

このブログでは、僕がおすすめするアーティストの紹介をそのアーティストとの出会いとおすすめ曲と共にお送りしたいと思います(^u^)

 

今回紹介するのは、、、

SHE'S

大阪出身、次世代ピアノロックバンド。
井上竜馬(Key/Vo.),服部栞汰(Gt),広瀬臣吾(Ba),木村雅人(Dr)の4人組。

美しいバラードから、エモやポップパンクの影響を感じさせるハードな楽曲まで幅広く、ピアノロックのイメージを超えたダイナミックでドラマチックな展開が印象的。

とにかく各楽曲が壮大で、ピアノの音が美しい!なにより、メンバー全員格好良くオーラがある(^-^)

 

僕が最初に聞いたのは

Un-science

3rd Mini Album「She'll be fine」収録。

印象的なストリングスのリフから始まる、壮大なピアノロックナンバー。

もうね、この曲を聞いて最初に思った事「これは、、、やばい、、、今までにない!」ピアノロックって今までも色んなバンドがあったけど、やっぱりピアノの音によって壮大な感じがする所が良いなぁってとこなんだけど、彼らはそれを飛び越しちゃってる!この曲のスケール感、ハンパない。

She’ll be fine

She’ll be fine



 続いて、

Night Owl 

 2nd mini album「WHERE IS SHE?」収録。

美しいピアノのイントロから始まる、前に進んでいく決意を力強く歌ったエモーショナルなナンバー。

力強いボーカルに惚れる!コーラスに惚れる!!曲の美しさに惚れる!!!

WHERE IS SHE?

WHERE IS SHE?


 そして、最後は、、、

 「Curtain Call

3rd Mini Album「She'll be fine」収録。

こちらは打って変わって、優しく美しく、そして力強い、ロックバラード。

正直ここまでやっちゃうかと、、、

彼らの曲は「美しくて力強い」センス溢れる優しい一曲。

是非、帰り道に聞きたい。

 

Curtain Call

Curtain Call

  • SHE'S
  • ロック
  • ¥250


 聞いてみて、良いから(^-^)

アラサーおっさんのおすすめアーティスト その19~amazarashi 泣ける歌詞ランキング 後篇~

こんにちわ!北海道在住、音楽大好き「アラサーおっさん」です。

 

突然ですが、現在の音楽シーンにおいて、これ程までに歌詞を見ながら曲を聴きたいアーティストがいるだろうか、、、

僕はこの「amazarashi」しか知らない。

 

と、ここまでは言い過ぎかもしれないですが、とにかくなまら歌詞が良いんです!

 

今回はそんなamazarashiの曲の中で、泣ける歌ランキング ベスト10後篇を紹介しようと思います(^-^)

 

第5位

もう一度

「夕日信仰ヒガシズム」収録。

もう一度だけがんばってみようかな。多分人生ってそれの繰り返しで、上手くいく事ってそんなになくて、もう全部嫌になって逃げ出した事って僕も今までいっぱいある。その時は本当に自分の事を駄目だなぁって思うんだけども、それでもね、諦めないで、諦めても、また他の事がんばったりね。自分自身に負けないように。

~もう一度 もう一度 あの日離れていった希望に ざまぁみろって言ってやる為に 何度も立ち上がるんだ もう一度~

夕日信仰ヒガシズム

夕日信仰ヒガシズム


第4位

クリスマス

「ワンルーム叙事詩」収録。

子どもの頃ってもっとこう世界がキラキラしていたなぁ、って最近よく考える。「ミサイル」を見て、「流れ星」と思い願い事を唱えちゃうように、子どもの頃は純粋だったなぁって。大人になって、色々経験してきて、現実をみて失望したり、絶望したり、子どもの頃想像していた未来が、なんだこんなもんかってね。僕にも子どもが出来て、せめて自分の子どもにはこの世界は、未来はとてもキラキラして良もんなんだよと、悪くないんだと思えるように育てていきたいと思う。

~汚れた僕が汚した世界 だからこそ嫌いになれないよ 相変わらずの世界だから 君には見せたくないんだけど どうか 失望しないように どうか 言ってくれないか それでも好きだと~

ワンルーム叙事詩

ワンルーム叙事詩


第3位

あんたへ

「あんたへ」収録。

~今辛いのは 戦ってるから 逃げないから そんな あんたを 責めることが出来る奴なんて どこにもいないんだぜ~

 辛いなぁと思う事があって、でも実はそれはその出来にきちんと向き合って、逃げずに戦っているから、辛いと感じているのだと。そんな風に考えた事なかったな。誰かに笑われても、這いつくばってでも僕らしく必死に生きていきたい。この曲を聴くと、そんな気持ちになる。

~あんたらしい 人生ってのは あんたらしい失敗の積み重ね 一つ一つ積み上げては 僕ら積み木で遊ぶ子供みたい あんたらしく 転べばいい あんたらしく立ち上がればいい 他に何もいらねぇよ 他に何もいらねぇよ~

あんたへ

あんたへ


第2位

ワンルーム叙事詩

「ワンルーム叙事詩」収録。

どんな辛い事があっても、例えば自分の世界がひっくり返る様なことが起きても、「そんなもの全部燃やしてしまえ」燃やした炎でこの先の未来を照らしていこう。どんなに負けたとしても、最後の最後自分にだけは負けないように。

~燃えろ 燃えろ 全部燃えろ 古いものは全部投げ入れろ 高くそびえ立つこの炎 この先照らすかがり火としよう 雨にも負けて 風にも負けて 雪にも夏の暑さにも負けて それでも 人生ってやつには 負けるわけにはいかない~ 

第1位

雨男

「夕日信仰ヒガシズム」収録。

僕も今年で30歳ですが、少しづつ色々な経験をしてきました。色々な人とも出会って、良い人、嫌いな奴、好きな人や悪い人とか、もちろん会社にも嫌な奴とかいるし、人間関係で悩む事もいっぱいあって、その度に何もかも嫌になったりね。でも、もう少しだけ頑張ってみようとか、そんな風に思えるのは、歌詞にもあるように友達との些細な約束だったり、誰かに優しくされたり、ほんの小さな事でも気付けば生きている理由なんだなと会社の嫌なやつとか、早く辞めてくんないかなーとか正直思う時もあるんだけど、本当はそうじゃダメなんだよな、そういう嫌な状況の時は自分から変わっていかなきゃダメなんだよね、、、難しいけど。

~「やまない雨はない」「明けない夜はない」とか言って 明日に希望を託すのはやめた 土砂降りの雨の中 ずぶ濡れで走っていけるか? 今日も土砂降り そういや いつかもこんな雨だった~

 

雨男

雨男

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250

世界収束二一一六(初回生産限定盤A)(DVD付)

世界収束二一一六(初回生産限定盤A)(DVD付)